リーグ戦3戦勝ちなしで迎えた相手は湘南!ハードワークで対抗!注目は?

2018シーズン、浦和レッズとの開幕戦は引き分け。

その後は仙台、磐田と連敗中のFC東京。

水曜日のルヴァンカップではタケフサ君のゴールで公式戦初勝利となりました!

この勢いで、リーグ戦の初勝利と行きたいですね。

スポンサーリンク

リーグ戦3戦勝ちなしで迎えた相手は湘南!

リーグ戦3戦勝ちなしで迎えた相手は湘南ベルマーレ。

J2からの昇格組ではありますが、ハードワークを売りにする、泥臭いイヤな相手です。

しかも昇格した今シーズンは、開幕からルヴァンカップも含めて負けなしと乗りに乗っています。

片やFC東京は、名将長谷川監督を迎え、「今シーズンこそは」と臨みましたが、開幕から公式戦勝ちなしです。

難敵浦和レッズと引き分けたのは良しとしても、その後、相性の良いベガルタ仙台に0-1、続くジュビロ磐田には0-2といずれも完封負け。

今シーズンも、いまだ、決定力不足は解消されていません。

ケンタ監督も「枠に飛ばないなぁ」と嘆く始末…。

こんなときこそ、こちらも湘南を上回るハードワークで対抗して、泥臭く勝ち点を掴むしかありません。

さあ、どうだったのでしょうか。

ハードワークで対抗!!

先発メンバーは今までの公式戦と4人メンバーを入れ替え臨んだケンタ監督。

ルヴァンカップで調子のよかった、小川、岡崎を両サイドバックに使います。

また、前田さんの代わりにケイマンを。

ヨネの代わりの拳人が先発です。

前半はどうだったの?

試合は開始早々から、予想通り、どちらもハードワークをしてきます。

しかも両チームのフィールドメンバーが、ほぼピッチを3分割した中央エリアに固まるという、超ハイプレス!

ボールを握るたびに攻守が大きく入れ替わる、見ている側にしては面白い、そして選手たちにとってはハードな展開です。

FC東京は今までの3戦よりもゴール前で期待を持たせるような攻めがいくつも見られます。

ただ、決定力不足は相変わらず。

「なんだよ、あそこまでいったのに…」的なシュートがいくつもありました。

一方、湘南ベルマーレは、看板のハードワークは相変わらずですが、堅守のFC東京に対して、ゴール前までは持っていくのですが、シュートまではなかなか結び付きません。

後半はどうだったの?

後半も同じような展開が続くのかと思った矢先、開始1分に試合が動きます。

バイタルエリア近くに出たボールを、ディエゴが掴んで巧みなトラップで相手をかわして振り向きざまに豪快に右足を振りぬきます。

するとボールは、キーパーの外から中に巻くように曲がり、右ポストをちょっとこすってネットに吸い込まれます!

さすがの秋元もあれはとれませんね。

その勢いでそのまま攻め続けますが、なかなか追加点が奪えません。

一方の湘南は、終了間際にアンドレバイアにボールを集めるパワープレイに転じますが、決定機は作れず、万事休す。

1-0の最少スコアでしたが、勝ちは勝ち。

ハードワークが武器の相手に、それを上回るハードワークで勝利したのは、これから上昇気流に乗れるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

注目選手はだれ?

守備の注目選手は?

直接的に得失点には絡むことはありませんでしたが、やはり湘南ベルマーレのFW、イ ジョン ヒョプと、FC東京のキャプテン、チャン ヒョンスの、両韓国代表のマッチアップではなかったでしょうか。

基本的に、チャン ヒョンスがイ ジョン ヒョプをピッタリマーク。

仕事という仕事をさせませんでした。

チャン ヒョンスが、韓国代表の同年組として、また、J1チームのキャプテンマークを巻くプライドから、「絶対に抑える」という雰囲気が随所にあふれ出ていました。

おそらく、ハートはFC東京の他の選手も同じ、もしくはそれ以上なのでしょうから、チャン ヒョンスのように、もっと闘志を前面に出してもいいと思います。

攻撃の注目選手は?

一方、攻撃の注目選手はやはりディエゴでしょう。

試合を決めた一撃はもちろんですが、ボールを持っていないときの動きも素晴らしかったです。

相手DFを引きつけておいて、うまくつぶれて、他の選手にチャンスを与えるような動きがいくつも見られました。

これからもどんどんゴールを決めてもらって、「シャー!」ももっとうまくなってもらいましょう!

まとめ

日本代表戦のため、次節は3月31日(土)です。

相手はなんとガンバ大阪。

今シーズンあまり調子が良くないようですが、ケンタ監督相手となると、闘志むき出しになるかも知れません。

コチラも、ホーム味スタで、ケンタ監督を男にして、上昇気流に乗っていかなくては!

お互いに、闘志むき出しで頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする