2017年最終節はガンバ大阪と!ナオの引退セレモニーも!来シーズンは?


前節、サンフレッチェ広島に負け、相手にJ1残留を決めさせてしまったFC東京。

これで7戦勝ちなしとなってしまいました。

このまま迎える最終節はホーム味スタでガンバ大阪と対戦です。

ナオの引退試合を勝利で飾ってください!

スポンサーリンク

2017年最終節はガンバ大阪と!

前節のサンフレッチェ広島戦では、1-2の敗戦。

何となく力負けの感が否めませんでした。

そして、あっという間に今シーズンの最終節になってしまいました。

最終節は、ガンバ大阪とホームで対戦です。

前節は残留のかかるチームとの対戦でしたのでモチベーションが違いましたが、今節はどちらも望みのない状態ですので、モチベーションは同じです。

こちらはナオの引退試合ですから、キッチリ有終の美を飾らせてあげてたいものです。

試合は序盤からどちらも攻めきれない展開でした。

お互いにミスも、そして惜しい場面もいくつかあり、どちらが勝っても負けてもおかしくない試合でした。

結局そのままスコアレスドロー。

まるで両者の今シーズンを象徴しているようなゲームでした。

ナオの引退セレモニーも!

この試合は、ナオの引退試合でした。

ナオは、スターティングメンバーに入り、途中惜しい場面もあり、絶妙なアシストもあり、躍動していました。

まだまだスピードスター健在といった感じで、少々惜しい気もしますが、これはナオにしかわからないこと。

ボクたちファンは、ナオにどれほど楽しませてもらったかわかりません。

ナオにはひたすら感謝ですね。

ナオの引退セレモニーはどうだったの?

試合終了後、セレモニーが行われました。

まずは大金社長のあいさつ。

スタジアム内が大ブーイング!

そりゃそーですよね!

これだけ期待させておきながら、ひとつもタイトルが獲れないんですから!

で、そのあとは、長崎への移籍を決め、今シーズン限りで東京を去ることになった、徳永選手のあいさつがありました。

彼らしい素朴な内容で、ちょっと涙が…。

そしていよいよナオの出番です。

横浜F・マリノス時代からのVTRが流れ、スタジアムが湧き始めます。

最初は、涙で声が出ないナオ…。

こっちまで泣けてきちゃうじゃないですか!

そのあとはナオらしい爽やかなあいさつで、相手チームのガンバ大阪との思い出などにも触れ、優しも感じられるものでした。

たくさんのファン・サポーターに見送られながら引退できるなんて、やはり選手冥利に尽きるのではないでしょうか。

大金社長が気になることを…

あっ、ちょっとココでお知らせが…。

大ブーイングの大金社長のあいさつでしたが、ひとつだけ気になる発言がありました。

ナオには「これからもFC東京に関わってもらう」ですって!

それってナオがFC東京のコーチになるってことですか?

いずれ正式に発表するとのことですので、楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーリンク

来シーズンはどうなる?

J1リーグ終了後、うわさどおり、長谷川健太監督の就任が発表されました。

ガンバ大阪を3冠に導いた手腕は期待できますね。

若手の育成にも定評がありますので、頑張って欲しいです。

そして、ヤッパリというか、嘉人さんの移籍話がいくつも報道されています。

現時点では何も正式に発表されていませんが、シーズン途中のあのイライラと、シーズン後半のモチベーションの低さからみて、ボクは移籍の可能性大だと感じています。

森重選手にも神戸からの熱烈オファーの報道がなされています。

一方、東京への移籍の話では、神戸の大森晃太郎選手を獲得する動きがあるようです。

また、柏のディエゴ・オリベイラや、仙台へ移籍したタマを呼び戻す話もチラホラ…。

まだまだ何も分かりませんが、オフもおもしろくなりそうですね。

今シーズンを振り返って

第1節の鹿島戦で劇的勝利をあげ、今シーズンこそは、と思わせたFC東京ですが、やはりというか、またというか、上も下もないシーズンで終了しました。

強くなって欲しいのはモチロンですが、ボクたちファン・サポーターも、『こういう東京がカワイイ』というところもあるのも事実。

でも、やっぱりそれではダメなんですね。

浦和サポのように狂ってはいけませんが、時にはファン・サポーターが厳しく叱咤激励する必要もあると思います。

一緒にJ1に昇格した川崎フロンターレが優勝したのですから、今度はボクたちの番です。

東京も、多摩川クラシコが事実上の優勝決定戦になるような強いチームに変貌しなければなりません。

来シーズンもFC東京を応援しますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする