安間体制で再び甲府とアウェイ戦!えっ?それはないでしょ?浦和は?


前回は篠田監督のもと、味スタで前半開始早々髙萩のゴールで先制したものの、前半終了間際で甲府に追いつかれたFC東京。

おかしいな、上得意様なのに…。

今回は安間監督のもと、甲府でのアウェイ戦になりました。

どうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

安間体制で再び甲府とアウェイ戦!

前回、甲府相手に試合開始早々にセットプレーから先制し、そのまま行けるかと思ったのですが、前半終了間際から手痛いミスから失点。

その後なかなかフィニッシュまで持ち込めないままドローで終わったFC東京です。

この時起こったブーイングを、選手たちは憶えているのでしょうか。

再びヴァンフォーレ甲府との対戦となりましたが、アウェイと言えども勝って欲しいです。

何と言っても甲府は、ココ山梨中銀スタジアムで、FC東京に勝てていないのです。

で、試合ですが、東京は、見ていて良く分からないパス回しを繰り返します。

あれを「ポゼッション」というのでしょうか。

そんな中、永井がバイタルエリア近くで不用意なファールでFKを与え、結果リンスにゴールを決められてしまいます。

その後、ウタカの退場などがあり、イヤなムードのまま、折り返します。

後半は、パスも小気味よく回るようになり、同じくFKから丸山のヘッドで同点にします。

またしても甲府は東京に勝利できず…。

東京からすると、一人少ない中、好調の甲府相手にドローですから、あまり悪く考える必要はないかも知れません。

一方甲府は、残り試合は降格圏から脱出する大切な試合です。

勝点3を逃したのか、1点積み上げたのか、最後にわかるのでしょうね。

えっ?それはないでしょ?

何それ???何が起こったの???

ビジター席のみんながそう思ったのではないでしょうか?

ハッキリ言って、ビジター席からは遠くて何があったのかわかりませんでした。

近くで見ていたヴァンフォーレサポーターのボクの友人曰く、

「あれは、偶然入っちゃったんじゃないかな…」

と言っていました。

前半終了間際の44分、ウタカのヒジが甲府の選手に入ったとして一発退場になったのですが、甲府サポの間でも意見が分かれる微妙なものだったようです。

でも、審判の判定は絶対ですので、気持ちを切り替えるしかありません。

この試合は10人で何とか負けずに済みましたが、次節ウタカはこの件で出場停止です。

攻撃の重要なピースが1枚減るのは苦しいですね。


スポンサーリンク

浦和の結果はどうだったの?

もうシーズン終了間際で、かつ浦和との直接対決もない中、浦和の結果なんてどーでもいいのですが、一応みておきましょう。

浦和レッズは、東京対甲府の前日、14日にすでに試合が終わっています。

ホーム埼スタで、ポドルスキー擁するヴィッセル神戸と1-1のドロー。

神戸に先制されたものの、ドローに持ち込むところはやはり上位チームですね。

とはいえ浦和もすでに今シーズンはほぼ優勝の見込みがなく、この先のACL第2戦を見据えているかも知れませんね。

あ~ボクももう一度上海やベトナムに連れて行ってもらいたい!

次節への展望は?

もうここまで来たら展望も何もないです。

とにかくひとつでも多く勝ってもらいたい!

そして、来シーズンへつなげてもらいたい!

来シーズンは、長谷川健太氏への正式オファーを出すとの報道がまことしやかに流れています。

いいじゃないですか?長谷川健太で。

ケンタ、トーキョー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする