安間体制で初勝利後、柏とアウェイ戦!注目は守備?浦和の結果は他人事


篠田氏の解任後、安間体制で臨んだ仙台戦で勝利した東京。

「攻め」の姿勢を取り戻し、柏にもこの勢いで乗り込みたいところです。

どうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

安間体制で初勝利後、柏とアウェイ戦!

開幕戦は難敵鹿島に勝利し、やっぱり嘉人さんがいると違うな、今年はもしかして…と思ったのですが、結局例年通り「中位」に落ち着きそうです。

そんな上も下もない中、相手は優勝の望みがある柏レイソル。

残念ながらモチベーションの違いは明白ですね。

でも、そこはプロですから、気迫のあるプレーを見せてもらいたいところです。

そんななか向かった柏駅では、アウェイサポーターに向けて、こんなものが配布されていました。

柏駅周辺のグルメの紹介が主な記事なのですが、その中にこんな一節が…。

悲願のリーグ制覇に向け積極的な補強を行った今年の東京。しかし歴代の得点王達がこのチームに加入しても何故か得点力強化に繋がらない。またスタメンの顔ぶれが変われど勝負弱さは相変わらずで、例年通り順位も中位力を発揮。

ウ、ウルサイ!アンタらに言われたくないわ!!

と思わず関西弁になってしまいそうです。

しかし結果は、柏のやりたいようにやられてしまい、1-4で完敗です。

しかも、ウチの1点はPK。

言われても仕方ないか…。

東京の注目は守備?

良くも悪くも、注目は守備になってしまいました。

相手がバイタルエリアに入った時に、ゴール前がガラガラになることが多すぎました。

守備が崩壊というより、守備になっていない…。

じゃあ、攻めはというと、完全な「遅攻」で、何度もキーパーにバックパスが繰り返されます。

そんななか訪れた、ビッグチャンス~永井選手のゴールキーパー中村選手との1対1の場面です。

永井選手のゴール前での嘉人さんへのパスには驚きました…。

試合後の永井選手のコメントは、

「角度的にちょっと厳しかったし…」

とのこと。

そりゃそうでしょ。

そんな万全な形でシュート打てることがシーズン中に何回あるのでしょうか?

フォワードなのですから、少々強引に打って欲しかったと思ったのはボクだけでしょうか。


スポンサーリンク

浦和の結果は他人事です!

今節、浦和は鳥栖とホーム埼スタで対戦しています。

前半は鳥栖が1点リードで折り返し、後半に浦和が追いつき、そしてまた鳥栖が突き放したところで、ニヤつきました。

ところが結果を見ると2-2のドロー。

今回は、ムカツくというより、さすがという気持ちの方が強かったですね。

「ゼッタイに負けない!」という文化がチームに根付いているのでしょうね。

得点を決めた浦和の選手は、マウリシオと武藤です。

ウチの嘉人さんや前田さん、ウタカがこの2人に能力で負けているハズがありません。

結果は他人事でいいですが、試合運びやメンタルは見習って欲しいものです。

まとめ

安間体制はやはり暫定の気配濃厚です。

来シーズンの監督が気になります。

森保氏や韓国人監督の名前が上がる中、このところ情報量が多くなっているのは長谷川健太氏です。

長谷川氏なら実績も申し分ありませんし、個人的には賛成します!

もう一度『東京旋風』を巻き起こしてくれ~!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする