2017年開幕戦の鹿島と再び対決!大久保もいない!浦和はもういい!


2017年のJ1リーグ開幕戦の相手、鹿島と再びホームで対決です!

あのときは苦しいながらも何とか勝きりましたが、今回はどうだったのでしょうか。

チームの調子は下降気味ですが、頑張ってほしいところです。

スポンサーリンク

2017年開幕戦の鹿島と再び対決!

大久保選手の加入で大注目のプレシーズンでの開幕戦勝利でした。

その時のレポートは、

2017年開幕戦は鹿島!注目選手は大久保?鹿島の注目選手は?浦和も」

をご覧ください。

今節はその大久保選手もケガで欠場、しかも前節では森重選手までケガで欠場となりました。

攻守の要を欠く中、チームは連敗中です。

東京もなぜかこういうときに、首位を争うセレッソ大阪や鹿島と当たってしまいます。

試合展開は?

序盤は小気味よく攻めているように見えましたが、なかなかシュートまで持ち込めませんでした。

そんな中、一瞬のスキをつかれてペドロジュニオールに先制されてしまいます。

前半終了間際に太田のクロスに合わせた橋本拳人がヘッドでゴール!

相手選手に当たったようにもみえましたが、そんなことどうでもいいです。

後半も前半も勢いそのままに攻め続け、47分には再び橋本拳人がゴール!!

そのまま逃げ切りたかったのですが、76分に再びペドロジュニオールに決められて同点とされてしまいます。

その後は両者好守が激しく入れ替わる展開で、目を話せませんでしたが、結局ドローとなりました。

この引き分けはどう捉えたらいいの?

結果は2-2のドロー。

展開を見れば、逆転したのに追いつかれた…となりますよね。

事実、あちこちで「痛恨のドロー」なる記事を見かけました。

でも、ボクはちょっと違う印象です。

確かに最後に追いつかれてドローとなりました。

一方、鹿島からみれば、先制したのに逆転された…でも追いついたし、勝てたかも、となると思うのです。

東京はここまで6得点のFW大久保選手を欠き、続いて守りの要、森重選手を欠くという、いわば満身創痍の状態です。

そしてここまで連敗中で、くわえてあのセレッソ戦の負け方を見ると、ちょっと今節は見られたものじゃないかもという思いもありました。

結果はドローですが、全体的にはうまく機能していましたし、鹿島も苦しんでいる様子がうかがえました。

ボクは「良くやった」と思っています。

大久保もいないけど、注目選手は?

ホントに大久保選手と森重選手を欠く東京の試合がどうなるか心配でしたが、杞憂に終わってよかったです。

そんな中、やはり注目は橋本拳人選手でしょうね。

あの苦しい中、ツーゴールは立派です。

太田のクロスも良かったですが、あそこに飛び込んだ橋本選手を褒めたいと思います。

もうひとりの注目選手はナオです。

もちろん、試合に出たわけではありませんが、試合前のピッチに顔を見せただけで、ゴール裏から「ナオゴール!」の大合唱が起こりました。

やっぱり「花」のある選手は違いますね!

こればっかりは努力して身に着くものではありませんので仕方ありませんが、ヨッチ以来なかなかそういう選手がいなくなってしまいました。

で、ヨッチと言えば、今節はチケットが完売だったらしく、これはヨッチの最終戦以来だとのこと。

試合展開も面白かったですし、ファンとしてはウレシイ限りです。

それはそうと、やはり4万人を超えると、「入ってるな~」という感じがします。

当然、飛田給駅までの帰り道は大渋滞。

抜け道を案内しているサイトを見つけたので参考にしてみました。

徒然なるママの365日>味スタの帰り道の混雑を避けるには?「裏道」をお教えします!

マックの直前まではスイスイでした。


スポンサーリンク

浦和はもういい!

浦和はACLの関係で、第13節を7月5日(水)に川崎フロンターレと等々力で対戦しています。

結果は4-1惨敗、フフッ。

サポーターに取り囲まれたペトロビッチは、「次も負けたらオレがやめればいいんだろ!」みたいなことを言ったらしいです。

で、次も負けて週明けには新体制の発表かと思ったら、今節は新潟相手に2-1で勝利。

残念でした。

まあ、今は浦和のことを気にしている場合ではありません。

現有戦力で、苦しみながらでもひとつずつ勝ち星を積み重ねていくしかありませんね。

今節のまとめと次節の展望は?

とにかく、現有勢力で鹿島相手に良く引き分けたと思います。

次節は7月30日(日)の新潟戦です。

少々日がありますので、キチンと準備をして勝つしかありません。

おっと、その前にルヴァンカップのプレーオフステージ第2節がありました。

対戦相手の広島は、ヤン・ヨンソン氏が新監督に就任することを発表しました。

初陣はこの試合になるようです。

しっかり叩いておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする