浦和レッズとホーム最終戦!優勝の行方は最終節の横浜F・マリノス戦へ!

前節、湘南ベルマーレに辛くも引き分け、優勝戦線に踏みとどまったFC東京。

今節は宿敵浦和レッズとのホーム最終戦。

勝って、最終節の横浜F・マリノス戦で優勝だ!

スポンサーリンク

浦和レッズとFC東京の対戦成績は?

いつものとおり、データから、と行きたいところですが、見るまでもなく、相性悪いです…。

今節前までのJ1リーグでの対戦成績は、

ホーム味スタでは、4勝5分8敗

アウェイではなんと、3勝3分12敗

通算成績は、7勝8分20敗

と惨憺たる結果です。

しかも、その中には、

2006年シーズンから2010年シーズンにかけての8連敗、

2015年シーズンから2017年シーズンにかけての6連敗

と、話にならない結果も含まれています。

でも、今シーズンは優勝のかかる大事な試合です。

相性云々なぞと言っていられる場合ではありません。

試合はどうだったの?

FC東京のフォーメーションはいつもの4-4-2。

前節先発のモリモリに代えてタマ、マコに代えてツヨシが先発に戻りました。

そして浦和はというと、FC東京の選手紹介とユルネバを大声でかき消すという、いつもの「お約束」です(笑)。

他のクラブをおとしめるようなことばかりしていないで、自分たちのクラブをサポートすることに専念していれば、残留争いに巻き込まれることもなかったのではないでしょうか。

前半はどうだったの?

立ち上がりの10分間、FC東京が猛攻をかけます。

5分には永井がゴールラインで迫ってマイナスのパスをディエゴにあわせて、ディエゴがシュートするも西川に防がれてしまいます。

1分後にも再びディエゴがゴールを狙いますが、西川の正面で防がれます。

続く8分には、タマのパスを永井が狙いますが相手DFにブロックされます。

しかし、30分に突然アクシデントが…。ディエゴが接触プレーで足を痛め、ピッチを出ます。

その後ピッチに戻りますが、足を引きずり、十分ではありません。

ディエゴは、マルティノスのマークができなくなり、CKからそのマルティノスに先制されてしまいます。

その後ディエゴは続行不可能で田川に交代。

ディエゴは泣いているように見えました…。

そのまま試合は動かず、前半が終了します。

後半はどうだったの?

一進一退の攻防が続く中、今度は後半10分に永井が負傷してしまいます。

メディカルスタッフが永井の腕を引っ張っていたので、脱臼ではないでしょうか。

そのまま永井は起き上がれず、ナ・サンホと交代します。

ええ~っ、ツートップ不在っ?!

でも、このまま終わらないのが今のFC東京。

後半24分に得たCKのキッカーは、タマ。

質の良いクロスにあわせたモリゲがシュートを放ちますがブロックされてしまいます。

こぼれ球に反応したナ・サンホがシュートを放ちますが、これもこぼれて最後は田川が押し込んで同点とします。

その後は一進一退の攻防が続き、アディショナルタイムへ。

前節のような劇的なゴールを期待しましたが、試合はそのままドローで終了してしまいました。


スポンサーリンク

最終節は?

今さら説明する必要もありませんが、次節はリーグ最終戦、横浜F・マリノスとアウェイです。

今節、横浜F・マリノスは、川崎フロンターレと対戦し、4-1で勝利しています。

今節終了時点での横浜F・マリノスの勝点は67、得失点差は27。

一方のFC東京は勝点64、得失点差20です。

FC東京がリーグ優勝するためには、最終節で4点差以上をつけて横浜F・マリノスに勝たなければなりません。

苦しいと言わざるを得ませんが、ウチが2引分けしているときに、アチラは2連勝しているのですから、仕方のないことかも知れません。

まとめ

苦しいことは間違いありませんが、一時期首位に立っていた鹿島でさえ、足踏みし、優勝の可能性がなくなってしまいました。

何度も優勝経験のあるクラブですらこうなのですから、やはり優勝のハードルは並大抵ではないのですね。

でも優勝の可能性がなくなったわけではありません。

試合終了後、ホーム最終戦ということもあり、選手を代表してヒガシから、続いてケンタ監督からあいさつがありました。

まず、ヒガシがこう言いました。

まだ、あきらめてません!横浜で新たな歴史をつくって、ココに戻ってきます!

そして、ケンタさんが続きます。

横浜で、喜びを分かち合いましょう!

もう、行くっきゃないでしょ!

スポンサーリンク