大分トリニータとアウェイで対戦~!永井が!ツヨシが!全員の勝利!!

前節、アウェイでヴィッセル神戸を撃破したFC東京です。

アウェイ連戦も終盤となり、今節の相手は大分トリニータ。

でも、ここまで来たらアウェイだのホームだの言ってないで勝つしかありませんよね。

スポンサーリンク

大分トリニータとFC東京の対戦成績は?

いつものとおり、データから見て行きましょう。

最初の対戦はなんと1999年4月17日のJ2リーグ第6節。

当時は前後半の延長戦方式でしたが、それでも決まらず、1-1のドローで終わっています。

それを含めた今節開催前までのリーグ戦とカップ戦を含めた直近の対戦成績成績は、

FC東京が、通算では

14勝9分7敗

と勝ち越しています。

直近のJ1とカップでの対戦は2013年まで遡ることになりますが、

開催年月日 試合 節等 FC東京   大分トリニータ 開催場所
2013年8月3日 J1 第19節 2   0 味スタ
2013年4月24日 ナビスコ杯 予選(5) 0   0 大銀ドーム
2013年3月2日 J1 第1節 2   1 大銀ドーム
2019年6月1日 J1 第14節 3   1 味スタ

と、相性の良い相手と言えると思います。

今シーズンの対戦内容はコチラをご覧ください。

大分トリニータとホームで対戦~代表トリオが大活躍!カルテット?
前節、アウェイ長居でセレッソ大阪戦で今シーズン初黒星を喫したFC東京です。 今節終了後は、代表戦開催のため中断期間に入ります。...

試合はどうだったの?

FC東京のフォーメーションはいつもの4-4-2に戻りました。

前節大活躍したアルトゥール・シルバはベンチスタートとなりました。

前半はどうだったの?

まるで前節のような、開始早々からファストブレイクが炸裂します!

開始5分、先発に復帰した永井が相手のミスを見逃さず、GKを振り切り、一人旅で無人のゴールに流し込みます。

興奮冷めやらぬウチに、今度は7分、タマのCKに合わせて、後ろからスルスルッと前に抜け出てきたツヨシがエアバトルを制してヘディングシュート。

ボールはGKの手をすり抜けてネットに突き刺さります。

前線の熱いサポーターさんから最初モリゲのチャントが指示されましたが、すぐにツヨシのチャントに変更されたのは、みんな興奮していたからこそのご愛敬ですね(笑)

その後何度かチャンスがありましたが決めきれず、前半が終了します。

後半はどうだったの?

サッカーでは、前半を2-0で折り返すのって、あまり良くないと言われていますよね。

イケルと思って気が緩みやすく、そのあと1点入れられると、急に浮足立って、2点目、3点目…。

第14節の大分トリニータ戦でも、2-0で折り返し、後半14分にオナイウが放ったシュートに林が反応できず、得点されてしまいましたよね。

そのあとは押し込まれる展開が続き、イヤなムードが漂いましたが、最後はタケが追加点を上げ、そのまま逃げ切りました。

大分トリニータとホームで対戦~代表トリオが大活躍!カルテット?
前節、アウェイ長居でセレッソ大阪戦で今シーズン初黒星を喫したFC東京です。 今節終了後は、代表戦開催のため中断期間に入ります。...

言うまでもなく今はタケがいませんので、ちょっと気がかりでした。

でもそんな心配は杞憂に終わります。

前線のツートップが攻撃だけではなく、最前線からものすごいチェイシングをかけ、相手にプレッシャーを与え続けていました。

一方守備陣も、サイドでボールを持たれても、中央はモリゲとツヨシのコンビがしっかり締めていましたし、ケントもゴール前でカラダをはってゴールを防いでいました。

後半はボールを持たれる時間も多く、攻め込まれていた印象ですが、選手も落ち着いているように見えましたし、見ている方もそれほど危ないシーンはなかったように思います。

試合はそのまま2-0で終了しました。

終了後には、アウェイにもかかわらず、またもやスタンドから「You’ll never walk alone」の大合唱が起こりました。


スポンサーリンク

今後の展望と浦和の動向は?

今後の展望は?

次節は11月9日アウェイでジュビロ磐田と対戦です。

今節までのリーグ戦とカップ戦を合わせた対戦成績は

12勝10分17敗

と、苦手とも言える相手ですが、ここまで来てそんなこと言っていられませんよね。

この戦いが終われば次はホーム、味スタに帰って来られるのですから、勝利以外はあり得ません!

浦和の動向は?

前回FC東京が大分トリニータと対戦した第14節、浦和レッズでは、ちょうどオリヴェイラ監督が解任され、大槻監督が就任しました。

レッズは、今、ACLでは頑張っていますが、リーグ戦では残留できるかどうかの立ち位置。

今節、浦和レッズはFC東京対大分トリニータ戦の前日に開催されたフライデーナイトマッチで鹿島アントラーズと対戦し、敗戦…。

しかも大槻監督が永木を突き飛ばし、レッドカードで退場処分となっています。

サポーターの素行が悪いのはみんな知っていますが、まさか監督までとは思いませんでした。

選手同士のいざこざならまだしも、いかなる理由があろうとも監督が選手に手を出してはイケません。

選手、コーチ陣、フロント、そしてファン・サポーターが一丸となって、J2で心を清めてきた方が良いのではないでしょうか。

まとめ

優勝を争う鹿島アントラーズと横浜F・マリノスも、ともに勝利しています。

もう、ここまで来たら理屈じゃありません。

第34節終了時に一番上にいれば良いんです!

第34節のチケット、ゼッタイ獲るぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする