セレッソ大阪とアウェイで対戦!タケが消えた?大阪は鬼門なの?

前節、苦手とする北海道コンサドーレ札幌に勝利しFC東京。

今節はやや分の悪いセレッソ大阪とアウェイで対戦です。

前節のように過去のデータを塗り替えたいですね。

さあ、どうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

セレッソ大阪とFC東京の対戦成績は?

では、まず、データから。

今節開催前までのリーグ戦とカップ戦を含めた直近の対戦成績成績は、

FC東京が、通算

7勝7分10敗

と負け越しています。

ココ2シーズンのJ1リーグでの対戦成績は、次のとおりです。

年月日 FC東京 セレッソ大阪 スタジアム
2018/10/20 第30節 0 1 味スタ
2018/04/14 第8節 0 1 ヤンマー
2017/09/09 第25節 1 4 味スタ
2017/07/02 第17節 1 3 金鳥スタ

ちなみに2017年のFC東京の得点は、いずれもピーター・ウタカによるものです。

優勝するチームは、苦手をつくってはいけません。

過去のデータをい塗り替えて欲しいものです。

試合はどうだったの?

FC東京のスターティングメンバーは、チャンヒョンスに代わってツヨシが入っている以外、基本的にいつものメンバーです。

いつもと違うのは、かなり暑いということです。

あと、オープニングセレモニーには、就任直後の松井市長(前大阪府知事)がご挨拶を…。

「東京に負けないような大阪を!」とコメント。

FC東京ファンであふれるビジター側スタンドからは、

「首都、トーキョー!」の大合唱でした(笑)

前半はどうだったの?

前半はFC東京が日陰を利用し、左サイド中心に攻めますが、ゴールまではほとんど持ち込めません。

一方、セレッソ大阪は、粘り強い守備からボールを奪い、パスをつないでバイタルエリアまで持ち込みます。

セレッソ大阪がほぼ一方的に攻め込んでいるように見えました。

タケは徹底的にマークされ、ボールもほとんど保持できません。

前半は完全に消えていました…。

それでも何とか前半はスコアレスでしのぎ切ります。

後半はどうだったの?

後半になると展開が変わることが多いFC東京ですが、この日は違いました。

前半同様、モヤ~ッとした試合が展開します。

そんな中、ケンタさんが動きます!

後半21分に、調子の上がらない髙萩に代えてアルトゥール・シルバを、29分には永井に代えてナ・サンホを投入し、前線を活性化させようとしました。

それとともに、タケもやや生き返ってきます。

しかし、後半33分に、松田陸のクロスに、後ろからスルスルッと出てきたブルーノ・メンデスに頭で合わせられ、先取点を許してしまいます。

その後、ケンタさんはCBのツヨシに代えて、FWのキイチを投入し、同点のチャンスをうかがいます。

そんな中、アディショナルタイムに最後のビッグチャンスが!

マテイヨニッチを振り切ったディエゴがペナルティエリア内に侵入し、GKと1対1になり、そのまま右足を振り抜きますが、コースを読まれ、防がれてしまいます。

試合はそのまま0-1で終了しました。

これで開幕からの無敗記録は12でストップ。

90分間、ピッチでの躍動感をまったく感じない試合でした。

気持ちを切り替えるしかありません。


スポンサーリンク

次節の展望と鬼門の大阪?

次節の展望は?

次節はホーム味スタで、大分トリニータと対戦します。

大分トリニータとの対戦成績は、公式戦全試合で通算 13勝 9分 7敗と勝ち越しています。

しかも、J1に限れば、直近の2013年シーズンと2009年シーズンは4試合とも勝っています。

でも、過去のデータはあてにならないですよね。

大阪は鬼門なの?

試合後、拳人が、「前回も大阪に来た時はあまり良くなかった。大阪というチームとは相性が良くない」と言っていました。

そんなコト人前で言うな!と思いますが、昨シーズンは第8節に長居でセレッソ大阪に、第21節に吹田でガンバ大阪に敗戦を喫しています。

しかも、昨シーズン途中の8試合未勝利という大失速は、第21節に吹田でガンバ大阪に敗れた一戦から始まっています。

今節は、確かにルヴァンカップによる連戦と、記録的な暑さによる疲労もあると思います。

現にタケは試合後のインタビューを体調不良でキャンセルしています。

でも、連戦と暑さは相手も同じ。

連戦については、水曜日のルヴァンカップからターンオーバーしているのですから、言い訳はできません。

まとめ

どんなチームでも、常に勝つわけではないのですから、とにかく引きずらないようにすることです。

とにかく「大阪だから…」とか「埼スタでは…」なんて言っていてはダメなんです!

「なぜ引き分けることすらできなかったのか…」

その原因についてケンタさんを中心に良く分析して、教訓にして欲しいと思います.

開幕からの無敗記録は途切れましたが、ホームでの連勝記録はまだまだ延ばせます!

♫ 何色来たって関係ねぇ、勝つのは俺たちだ~!♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする