リーグ戦4連勝でガンバ大阪とアウェイ決戦!無敗は続くよ、どこまでも!

2019シーズン、第9節までで単独首位のFC東京です。

相手は調子の出ないガンバ大阪ですが、気を緩められるような相手ではありません。

さあ、ガッチリ首位固めだ!

スポンサーリンク

ガンバ大阪との対戦成績は?

今節はパナスタでのガンバ大阪戦です。

FC東京からみたガンバ大阪との、今節より前の通算の対戦成績は、2000年のJ1昇格時から、

14勝8分15敗

と、ほぼ互角と言って良いでしょう。

一方で、アウェイ戦では、

3勝3分12敗

と、あまり良いデータは残っていません。

そして、何と2008年11月8日、第31節を3-1で勝利して以来、アウェイ戦では10年勝ち星から遠ざかっています。

まあ、浦和レッズとのアウェイ戦よりは短い年数ですが、

鬼門の埼スタ浦和レッズ戦~過去の対戦成績は?勝つのはオレたちだ?
今さら言う必要のないほど、FC東京にとって分の悪い、対浦和レッズ戦。 でも、今シーズンはFC東京が首位チームとして埼スタに殴り...

苦手をつくるのは、優勝を目指すチームとしてはぜひとも避けたいところです。

ちなみに、この2008年シーズンの第31節ですが、FC東京の3点は、カボレ、ナオ、相太、そしてガンバ大阪の1点は、あのルーコンです。

何か、因縁めいたものを感じるのはボクだけでしょうか。

試合はどうだったの?

G大阪とのアウェイ戦というと、思い出したくもありませんが、昨年8月21日に行われた第21節です。

好調で2位につけていたFC東京が、終了間際のアデミウソンのゴールで敗れたのを境に急失速して、その後、8試合勝ちに恵まれず、じりじりと順位を下げ、最後は序盤戦にあれほど苦しんでいた浦和にも抜かれるということがありましたよね。

今シーズンの対戦は序盤戦ですが、好調のFC東京と、下位で苦しんでいるガンバ大阪という構図は同じ。

今度こそ、本物の強さを見せつけて、連勝を延ばしたいところです。

前半はどうだったの?

今までの不調がウソのように、ガンバ大阪がキレのある攻撃を繰り返します。
ガンバ大阪は、中心となる遠藤から繰り出されるパスを起点に何度もチャンスをつくりますが、DF陣が踏ん張ります。

特にGK林のデキが出色!

何度もアブナイ場面を救います。

FC東京は、固めて守るガンバ大阪から、なかなか決定機をつくれず、スコアレスで折り返します。

後半はどうだったの?

後半に入ると、FC東京も徐々にチャンスを増やしていきます。

しかし、起点となるタケフサが徹底的なキビシイマークにあい、つぶされてしまいます。

徐々にガンバ大阪がボールを保持する時間が増えていきますが、相手エースのファン・ウィジョが本調子でないこともあり、FC東京の鉄壁の守りを崩すことができません。

そのままスコアレス・ドローとなりました。

タケフサがこれほど徹底的にマークされるのは初めてではないでしょうか。

でも、それだけ対戦相手から嫌がられているという証拠でもあります。

これからはどの対戦相手もタケフサをマークしてくると思いますが、世界に羽ばたく可能性のある選手ですから、そんなことはものともせず立ち向かって欲しいと思います。

「太陽の塔」もキミが世界に羽ばたく姿を見たがっているぞ!

スポンサーリンク

無敗は継続!

連勝が4で止まったことは残念ですが、アウェイでドローなら悪くないんじゃないでしょうか。

しかも無敗は継続中で、開幕から10戦連続無敗はチーム記録をさらに更新です。

試合後のケンタ監督も、

「相手のデキからすれば勝ち点1を持って帰れるのは悪い結果ではない。」

とコメントしていました。

モチロン、勝利が一番いいに決まっていますが、それは相手も同じこと。

室屋抜きでアウェイでドローなら良しとしなけれいけませんよね。

次節の展望は?

J1リーグ次節はホームでジュビロ磐田と対戦です。

FC東京にとっては、J1通算250勝がかかる大事な試合です。

その前の5月8日には、Jリーグ杯Bグループ第5節ベガルタ仙台もあります。

ケンタ監督にはぜひともFC東京でも3冠を達成してもらわなければなりません。

勝って、勝って、勝ちまくれ~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする