3バックと4バックはどう違う?どっちがイイ?ケンタさんは?2019は?

サッカーのテレビ中継を見ていると、解説者の方が良くこう言うのを聞いたことがあると思います。

「この監督のフォーメーションは4バックですから…」

「攻撃的3バックとでも言いましょうか…」

これっていったい何のことなのでしょうか?

スポンサーリンク

3バックと4バックはどう違うの?

3バックと4バックというのは、 最終ラインにポジショニングする選手の人数のことを指しています。

3バックとは?

一般的に3バックと言われるのは、 ゴール前の中央部分を守る人数が3人のことを言います。

3バックシステムでは、戦術論としては、両サイドの守備は考えないということになってます。

「考えない」というのも変ですが、サッカーでゴールをあげるためには、中央から攻撃するのが 最も効率の良い攻撃方法です。

そのため、相手チームも、まずは、その中央からゴールを狙ってきます。

狙われるかどうかわからない両サイドについては、 とりあえず棚上げしておくというのが、3バックの基本的な発想です。

棚上げと言うと言い過ぎですが、3バックの守備の場合、中央は人数がいるからサイドにはスペースを与えてある程度やられてもいいという判断もあります。

しかし、対戦チームがサイド攻撃を得意としている場合もは当然ありますので、サイドから攻撃された場合どうするのかということは、考えておかなければなりません。

一般的には、両サイドが下がって5-3-2のシステムに変化します。

つまり、攻撃時に3-5-2で、守備時に5-3-2になります。

4バックとは?

4バックというのは、ゴール中央部分を4人で守るのではなく、実は2バックのことです。

つまり、最終ライン、具体的には、中央部分と両サイド(右と左で2ヶ所)を合わせた選手配置の人数のことです。

現代サッカーの主流は4バックです。

それは、現代サッカーでは、最強の攻撃型のチーム相手でも、2人で十分に守り切ることが出来るため、中央を3人で守る必要はなく、その分、攻撃側の人数を増やすことが合理的であると考えられ始めたからです。

3バックと4バックはどっちがイイの?

まず、守備については、3バックの場合、中盤の両サイドがディフェンスラインまで下がって5バックのようになることが多くなります。

中央にDFが3人いる分サイドは空いてしまいますが、そこを中盤のサイドの選手がアップダウンして埋めていきますので、それぞれの役割は明確です。

さらに、SBが中央に寄ったり、スライドするなど、距離感を保つための動きがそれほどないので、4バックで守るときと比べて、ポジショニングが厳密ではないのもメリットです。

3バックの守備の場合、中央に人数をかけていますので、サイドにはスペースを与えてある程度相手の攻撃を許しながら防ぐことができます。

同時に、中央をタイトにして、サイドのMFを相手のSBにつかせて、時間をかけて守れるという利点もあります。

4バックでは、中央がふたりなので、相手が2トップのときは両CBがマンマークになってしまい、どうしてもセンターラインが薄くなりがちになります。

リーグ屈指の強力なCBがいれば何とかなりますが、そうでない場合、どちらがより失点を少なくできるか、と監督は思案します。

一方、3バックのデメリットは、守備に転じて5バックになってしまうと、攻撃に転じるときに選手が上がる時間が必要になってしまい、攻撃が遅れてしまうことです。

また、中盤の人数が少なくなるため、逆に中盤を支配されて、常に押し込まれてしまうというリスクもあります。

さらにゴール前に人数をかけているため、守備に偏りがちになり、積極的に奪いに行くことが減ってしまい、ズルズルとDFラインが下がり、相手にボールを支配される時間が長くなる可能性もあります。

3バックにはこうしたメリットとデメリットがある中で、Jリーグでも、それを理解して3バックの戦術をうまく使いこなしながら好成績を残しているチームも存在しているのは周知のとおりです。

その理由のひとつとして、主流である4バックのチームに対してギャップを作り、先手を取って、選手の配置や並びの違いで相手を混乱させ、4バックとは異なる攻撃方法を取って優位に立つということもあるでしょう。

いずれにせよ、3バックと4バックにはそれぞれに一長一短があるので、どちらが良いという理論は机上の考えに過ぎません。

スポンサーリンク

で、ケンタさんはどっちなの?2019は?

2018シーズンはどうだったの?

で、われらがケンタ監督はどっちのフォーメーションをとっているのかですが、昨シーズンの状況を確認してみます。

基本フォーメーションは4-4-2です。

ボールを奪ったらシンプルにディエゴや永井に当てて、そこから猛然と2列目やサイドバックが攻めあがっていくというスタイルで、これがケンタ監督曰く、「ファーストブレイク」。

FWはディエゴ・オリヴェイラを中心に、永井がその周りを色々と動きまわって点をとるスタイルですね。

ディエゴはポストプレーができ、かつ自分でも決めることが出来る、非常に能力の高いFWです。

中盤はテクニシャンや無尽蔵なスタミナが売りの攻守に貢献出来る選手を2列目に置いて、チャンスとあれば3列目から橋本らが上がっていきます。

この2列目と3列目を繋ぐキーマンとして髙萩がいます。

2019シーズンはどうなるの?

基本フォーメーションの4-4-2に変更はないと思います。

ディエゴは完全移籍、永井は契約更新しましたので、FWの2トップは変更ないでしょう。

前田さんの抜けた後、FWのサブはどうなるのかと思っていました。

キイチとタイチにも頑張ってほしいですが、J1経験の少なさもあり、ちょっと未知数です。

が、新体制発表後、サガン鳥栖の田川選手の完全移籍が発表されましたので期待ですね。

問題は中盤の2列目以降です。

ヒガシ、大森は基本線でしょうが、このふたりのサブは誰になるのでしょうか。

コチラも新体制発表後、韓国代表のナ・サンホの獲得が決まりました。

ナ・サンホはMFですが、Kリーグの得点王になっていますので、まさにFC東京が求めていた攻撃型MFとして、活躍が期待されます。

3列目を担う橋本は契約更新しましたが、何とヨネが移籍してしまいました。

一方、ボクが以前から注目していた宮崎幾笑選手がFC東京に来てくれましたので、彼をどの場面でどう使うかでしょうね。

SBは宏介と室屋でキマリだと思いますが、良い意味でこのふたりを脅かす存在が不可欠です。

やはり諒也やマコに出てきて欲しいですね。

で、勝手に2019シーズンのフォーメーション予想です。

2019シーズンは移籍が少ないと言われているFC東京ですが、こうして見ていくと、昨シーズンの主力はそのままにしてチームの流れは変えないまま、若手を中心とした補強は出来つつあるという印象です。

ここでもう一枚ベテランFWとMFが欲しいところです。

ボク的にはぜひ柏レイソルの10番、江坂選手に青赤のユニフォームを着てもらいたいんですけどね。

とにかく、強化部にはもうひと頑張りしてもらいましょう。

まとめ

もうすぐ2019シーズンが始まります。

いつかのように、よそから超大型FWを持ってきて失敗したシーズンもあります。

FC東京にふさわしいフォーメーションで、FC東京にふさわしい補強で、「強く、愛されるチーム」を目指してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする